三戸聡 略歴・出身

三戸聡(日吉台小学校)


経歴(プロフィール)

■三戸聡(さんのへ・さとる)

■日本の教育者

■市立小学校の副校長

■横浜市立日吉台小学校 元副校長

■性別:男性

■家族情報

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢58歳(2015年7月31日現在)

■出身地:

■PTA会費などを着服したとして、横浜市教委は2015年7月31日 横浜市立日吉台小学校の三戸聡副校長を 懲戒免職処分にしたと発表した。処分は同日付

■市教委は刑事告発を検討している

■市教委によると、三戸副校長は聞き取り調査に対し、「小遣いの不足分をカードローンで借りるようになり、返済額が数百万円に膨らんだ」と話しているという

■学校は会計事務をすべて副校長に任せ、定期的な確認を怠っていた

■横浜市立日吉台小学校(よこはましりつ ひよしだいしょうがっこう)は、神奈川県横浜市港北区にある市立の小学校

■愛称は「台小(だいしょう)」

■所在地:神奈川県横浜市港北区日吉本町1-34-21
スポンサーサイト

清木聖司 略歴・出身

清木聖司(競輪)


経歴(プロフィール)

■清木聖司

■日本競輪学校教官

■元競輪選手

■性別:男性

■家族情報

■自宅:静岡県三島市緑町に在住

■血液型

■身長

■生年月日:1965年4月5日

■年齢50歳(2015年7月現在)

■出身地:

■元競輪選手で、14回の優勝経験を持つ

■2006年10月10日に引退

■引退後は日本競輪学校で競輪選手養成に当たっている

■住居:静岡県三島市緑町に在住

■三島市の豆知識

■三島市(みしまし)は、静岡県東部の、伊豆半島の中北端に位置する市

■三嶋大社の門前町であり、三嶋大社や楽寿園を中心に市街地を形成する

■市内各地で湧水が見られる点から、国土交通省選定の水の郷百選にも選ばれている

栗原直樹 略歴・出身

栗原直樹(十文字学園女子大学)


経歴(プロフィール)

■栗原直樹(くりはら・なおき)

■日本の研究者

■十文字学園女子大学人間生活学部教授

■専門分野:こども家庭福祉(児童虐待、児童相談、児童福祉施設、里親制度、スクールソーシャルワーク等)

■日本社会福祉士会理事

■NPO法人新座子育てネットワーク理事

■家族情報

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢

■出身地:

■立教大学文学部心理学科卒業

■1975年 埼玉県庁入庁(心理職)

■児童相談所をはじめ主に児童福祉行政に携わる

■児童相談所長を最後に退職

■十文字学園女子大学人間生活学部教授

■十文字学園女子大学(じゅうもんじがくえんじょしだいがく)は、埼玉県新座市菅沢2-1-28に本部を置く日本の私立大学である。1996年に設置された

■創立:1922年

■大学設置:1996年

杉本祐一 略歴・出身

杉本祐一(写真家)


経歴(プロフィール)

■杉本祐一(すぎもと・ゆういち)

■日本の男性写真家

■フリーカメラマン

■家族情報

■自宅:新潟県新潟市に在住

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢58歳(2015年7月30日現在)

■出身地:

■職業:フリーカメラマン

■中東のシリアへの渡航計画を理由に外務省からパスポートの返納を命じられたが、命令の取り消しなどを求めて提訴した

■2015年2月、シリアへの渡航を計画していたところ、外務省からパスポートを返すよう命じられた

■杉本祐一さんは「僕の生きがいとしての海外取材が奪われ、仕事としての生きがいも含め、すべてを奪われたと今はそういう心境です」と語っている

■新潟市(にいがたし)は、新潟県北東部(下越地方)の都市で、同県の県庁所在地である。北陸地方最大の人口を有す都市であり本州日本海側では唯一の政令指定都市である。中部地方では名古屋市に次ぐ人口を有する都市でもある

中川亘 略歴・出身

中川亘(満州開拓団村)


経歴(プロフィール)

■中川亘(なかがわ・わたる)

■満州の開拓団村に生きた

■『レッドクロス〜女たちの赤紙〜』の登場人物

■主人公の天野希代の夫

■TBS開局60周年特別企画として制作された日本のテレビドラマで2015年8月1日、8月2日の2夜連続で放送された

■家族情報
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-2041.html

■理想の国をつくるという希望に燃えて満州に行き、そこで戦争という圧倒的な力そして現実にぶつかって葛藤する

キャスト
■中川亘(演:西島秀俊)

■中川亘のモデル:不明

■中川博人:演-工藤阿須加、(幼少期:高村佳偉人、少年期:中村瑠輝人)

■中川光:演-赤井英和

■中川香織:演-渡辺真起子

■天野大祐:演-山崎努

■天野絹江:演-浅茅陽子

■原作:橋本裕志の脚本で、オリジナルストーリー

■脚本:橋本裕志

■企画:瀬戸口克陽

■演出:福澤克雄

■プロデューサー :川嶋龍太郎、藤井和史、伊與田英徳

天野希代 略歴・出身

天野希代(従軍看護婦)


経歴(プロフィール)

■天野希代(あまの・きよ)

■第二次世界大戦中に戦場に赴いた従軍看護婦の女性

■『レッドクロス〜女たちの赤紙〜』の主人公

■TBS開局60周年特別企画として制作された日本のテレビドラマで2015年8月1日、8月2日の2夜連続で放送された

■家族情報
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-2041.html

■看護婦になろうと思った原点は、母親が病気になったときに助けてくれた看護婦さんに憧れて「私も人の命を救いたい」と思った志から

■看護婦になり、そして赤十字の精神を貫いて、戦地で傷ついた兵士たちを分け隔てなく救い、自分たちに出来ることならば、なんでもやりますという姿勢で看護婦をやってきた女性である

■天野希代:演-松嶋菜々子(幼少期:原涼子、女学生時代:高田里穂)

■天野希代のモデル:不明

■原作:橋本裕志の脚本で、オリジナルストーリー

■脚本:橋本裕志

■音楽:千住明

■企画:瀬戸口克陽

■演出:福澤克雄

■製作著作:TBS

■プロデューサー :川嶋龍太郎、藤井和史、伊與田英徳

福島徹 略歴・出身

福島徹(福島屋)


経歴(プロフィール)

■福島徹(ふくしま・とおる)

■日本の経営者

■スーパーマーケットを経営

■株式会社福島屋 会長

■家族情報
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-2040.html

■血液型

■身長

■生年月日:1951年生まれ

■出身地:東京都生まれ

■1974年 大学卒業後、家業の福島屋を継ぐ

■コンビニ経営を経て34歳の時に現在の食品スーパー業態に転換

■産直品の積極的な導入だけでなく、全国の農業生産者とのコラボレーションによりオリジナル商品を多く開発

■特に、自然栽培の米や野菜の扱いに注力する。農業と商業の間にあって、創意工夫で報酬を得る「商業家」として農業を支援している

■チラシを出さず、安売りもしない。それでも熱狂的なファンを生み創業以来40年、黒字経営を続けている

■客の目当ては、会長が、年間120日間、地方を探し回り見つけてきた“絶品商品”。この“絶品商品”が多くのファンを生み出し、福島屋の奇跡の集客を実現させている

福田勝 略歴・出身

福田勝(山陽小野田市議)


経歴(プロフィール)

■福田勝

■日本の政治家

■山口県の地方議員

■山口県の山陽小野田市議会議員

■性別:男性

■家族情報

■自宅:山口県山陽小野田市有帆に在住

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢70歳(2015年7月30日現在)

■出身地:

■職業:山口県の山陽小野田市議会議員

■旧小野田市時代を含めて市議当選5回

■山陽小野田市の豆知識

■山陽小野田市(さんようおのだし)は、山口県の南西部に位置する市

■2005年(平成17年)3月22日に小野田市と厚狭郡山陽町が合併して誕生した

■宇部都市圏に属するが、北九州市との関係も深く関門都市圏の一部でもある

■市域を東西に貫通する形で山陽自動車道、国道2号、国道190号が通り、国道2号に国道190号が西部で合流している

西濵徹 略歴・出身

西濵徹(エコノミスト)


経歴(プロフィール)

■西濵徹 (にしはま・とおる)

■日本のエコノミスト

■第一生命経済研究所経済調査部主席エコノミスト

■家族情報

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢

■出身地:

■2001年3月 一橋大学経済学部 卒業

■2001年4月 国際協力銀行(JBIC)入行

■ODA部門(現、国際協力機構(JICA))の予算折衝や資金管理、アジア(東アジア・東南アジア・南アジア・中央アジア)向け円借款の案件形成・審査・監理、アジア・東欧・アフリカ地域のソブリンリスク審査業務を担当

■2008年1月 第一生命経済研究所入社

■第一生命経済研究所経済調査部主席エコノミスト

■アジアをはじめとする新興国のマクロ経済及び政治情勢分析を担当

■株式会社第一生命経済研究所(だいいちせいめいけいざいけんきゅうじょ)は、日本のシンクタンクである

■本社所在地:東京都千代田区有楽町1丁目13番1号

■設立:1997年4月1日

■第一生命経済研究所は、1997年4月に第一生命グループの情報発信・政策提言・コンサルティング機能の充実を図ることを目的として設立された

大野はじめ 略歴・出身

大野一(神戸市議)


経歴(プロフィール)

■大野一(おおの・はじめ)

■日本の政治家

■地方議員

■神戸市議会議員7期(2015年7月現在)

■家族情報
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-2039.html

■血液型O型

■身長

■趣味:ゴルフ・登山

■神戸の好きな場所:六甲山

■好きな書籍:歴史小説

■座右の銘:「ドブの中でも良い、前向きになって死にたい」

■生年月日:昭和27年12月7日

■年齢62歳(2015年7月現在)

■出身地:神戸市東灘区に生まれる

■星の園幼稚園卒園

■神戸市立住吉小学校卒業

■神戸市立住吉中学校卒業

■昭和46年 兵庫県立御影高校卒業

■昭和49年 米国ジョージア工科大学留学

■昭和51年 旧兵庫県立神戸商科大学卒業

■11年間サラリーマン生活をおくる

■昭和62年4月 神戸市会議員初当選

桜井俊 略歴・出身

桜井俊(総務省事務次官)


経歴(プロフィール)

■桜井俊(さくらい・しゅん)

■日本の官僚

■総務省 事務次官

■郵政省出身

■家族情報:息子に人気アイドルグループ「嵐」の桜井翔がいる

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢61歳(2015年7月29日現在)

■出身地:群馬県出身

■1977年 東大法学部卒業

■郵政省(現・総務省)入省

■総合通信基盤局長

■情報通信国際戦略局長

■情報通信部門が長く、事業ごとにNTTを分割したり、携帯電話市場の競争を促したりする政策で実績を上げた。

■総務審議官

■2015年 事務次官に就任

■総務省の事務次官は旧自治省出身の消防庁長官が2代続けて就いており、旧郵政省出身者の就任は2012年9月以来となる

久保公人 略歴・出身

久保公人(文部科学省)


経歴(プロフィール)

■久保公人(くぼ・きみと)

■日本の官僚

■文部科学省の官僚

■家族情報

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢58歳(2015年7月28日現在)

■出身地:滋賀県生まれ

■膳所高校卒業

■京都大学卒業

■1980年 文部省(現・文部科学省)入省

■課長補佐時代は、教科書課や大学課、総務課、米国の政府機関「国立科学財団」(NSF)、北九州市役所での勤務を経験

■生涯局政策課長

■人事課長

■大臣官房審議官

■東大理事

■文部科学省スポーツ青少年局長

■定年まで1年半を残し自己都合により辞職する

■猪瀬元都知事いわく、仕事をバリバリこなすタイプではなかったという

伊藤良夏 略歴・出身

伊藤良夏(大阪市議)


経歴(プロフィール)

■伊藤良夏(いとう・よしか)

■日本の政治家

■地方議員

■大阪市議会議員2期目(2015年7月現在)

■大阪維新の会所属

■家族情報
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-2038.html

■自宅:大阪府に在住

■伊藤良夏ブログ
http://ameblo.jp/itoyoshika/

■趣味:旅行と水泳

■座右の銘「幸せはいつも自分のこころが決める」(相田みつを)

■資格:社会福祉主事・自動車普通免許

■血液型O型

■身長170cm

■生年月日:1980年7月22日

■出世地:大阪府大阪市住吉区山之内元町生まれ

■出身地:大阪府出身

■大阪市立依羅小学校卒業

■金蘭会中学校卒業

■金蘭会高校卒業

■高校在学中から服飾モデルの仕事を始める

■高校卒業後、金蘭短期大学(現千里金蘭大学短期大学部)に入学し、2002年に卒業

■モデルとして、首都圏を中心に企業広告やCM、ショーへ出演する

■ファッションブランドのオーディションで日本代表に選抜され、フランスのパリ市内でも活動

■2011年4月10日 投開票の大阪市議会議員選挙で初当選

■政治の目標
私の政治目標は住民が豊かに安心して暮らすことができるようにすることであり、特に若者や将来生まれてくる子供たちが暮らしやすい街を実現することだと考えています。そのために議会に働きかけ、将来、大阪の街が日本の国が今以上に元気になり、この国に住む全ての人が幸せに暮らすための政策を実行することです

高橋清孝 略歴・出身

高橋清孝(第92代警視総監)


経歴(プロフィール)

■高橋清孝(たかはし・きよたか)

■日本の官僚

■警察庁

■第92代警視総監

■家族情報

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢58歳(2015年7月28日現在)

■出身地:千葉県出身

■東京大学卒業

■1980年警察庁に入庁

■沖縄県警本部長

■北海道警本部長

■警視庁副総監

■2013年1月から警備局長

■2015年8月4日 第92代警視総監に就任

■警視総監(けいしそうかん)は、警視庁の長の職名且つ日本における警察官の階級の最高位の名称

■近代警察制度の黎明期である1874年、東京に内務省の機関として東京警視庁が設置され、その長には、後年「日本警察の父」と呼ばれた川路利良が任命された

■長官の呼称は「警視長」「大警視」と名を変えたが、1881年、警視庁が再び設置された際に「警視総監」と定められた

宗像直子 略歴・出身

宗像直子(経済産業省)


経歴(プロフィール)

■宗像直子(むなかた・なおこ)

■日本の官僚

■経済産業省のキャリア官僚

■首相秘書官

■家族情報

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢53歳(2015年7月28日現在)

■出身地:

■1984年 通商産業省(現・経済産業省)に入省

■通商政策局通商機構部長

■大臣官房審議官

■2014年7月 経済産業省貿易経済協力局長

■同省で初の女性局長に就任し話題を呼んだ

■2015年 女性で初めて首相秘書官を務めた総務省出身の山田真貴子の後任として、首相秘書官に就任

■内閣総理大臣秘書官は、国家公務員の役職の一つである。内閣総理大臣に常に付き従って、機密に関する事務を取り扱い、また総理大臣の臨時の命により政府各部局や与党等との調整に当たる役職である。法令上は「内閣総理大臣に附属する秘書官」と呼称される。 俗に総理秘書官、首相秘書官と呼ばれる

八田洋一郎 略歴・出身

八田洋一郎(航空評論家)


経歴(プロフィール)

■八田 洋一郎(はった・よういちろう)

■日本の航空評論家

■元日航機長

■家族情報

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢

■出身地:

■職業:航空評論家

■元日本航空機長

■日本航空株式会社(にほんこうくう)は、日本の航空会社である

■日本航空株式会社は、国際線は羽田空港や成田国際空港、関西国際空港を拠点に、アジアや欧米、オセアニアに、国内線は東京国際空港や伊丹空港、新千歳空港などを拠点に幹線からローカル線まで、幅広い路線網をもつ日本の航空会社である

蓮岡元一 略歴・出身

蓮岡元一(獣医師)


経歴(プロフィール)

■蓮岡元一(はすおか・もとかず)

■日本の獣医師

■家族情報
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-2029.html

■血液型

■身長

■生年月日:1953年生まれ

■年齢61歳(2015年7月27日現在)

■出身地:大阪生まれ

■1975年 日本獣医生命科学大学卒業

■蓮岡動物病院を開設

■蓮岡は開業35年の凄腕獣医である

■蓮岡動物病院所在地
・大阪府 東大阪市大蓮東2-21-21

■お世辞にも大きいとは言えない蓮岡の動物病院。特別な医療機器があるわけでもなく、ホームページすらない、いわゆる昔ながらの町のかかりつけ医である

■だが、ほかの病院で治療が難しいと言われたペットたちが次々救われ、県外も含め毎日何十組もの飼い主がペットとともにやってくる

■蓮岡の信念
「過剰な治療は動物にとっても飼い主にとっても負担になる」

川村泰史 略歴・出身

川村泰史(SIP Aviation)


経歴(プロフィール)

■川村泰史(かわむら・たいし)

■日本のパイロット、経営者

■SIP Aviation株式会社 代表取締役 

■SIP Aviationは操縦士養成事業、航空機リース業務、航空機販売代理店業務などを事業とする会社である

■家族情報
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-2028.html

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢36歳

■出身地:大阪府出身

■駒澤大学経営学部経営学科卒業

■大学卒業後、渡米する

■帰国後、朝日航空株式会社の乗員訓練課程を卒業しパイロット資格を取得

■日本エアロテック株式会社に入社

■パイロットの育成をする資格を得た後、2013年に日本エアロテック株式会社を分社化し自ら代表取締役を務める

■SIP Aviation株式会社を設立

■SIP Aviation 株式会社 (シップ・アビエーション株式会社)

■所在地:東京都調布市西町290番地3

■代表取締役社長:川村 泰史

■事業内容:操縦士養成事業、航空機リース業務、航空機販売代理店業務

佐々木富男 略歴・出身

佐々木富男(脳神経外科医)


経歴(プロフィール)

■佐々木富男(ささき・とみお)

■日本の脳神経外科医

■その世界では、最も難易度が高いといわれる頭蓋底外科手術のパイオニアであり世界的権威として知られている

■家族情報

■血液型

■身長

■生年月日:1948年生まれ

■出身地:岡山県倉敷市で生まれる

■1973年 東京大学医学部を卒業

■米国バージニア大学メディカルセンター助教授

■東京大学助教授

■群馬大学教授

■九州大学教授

■2013年4月九州大学を退職、名誉教授となる

■フリーランスの医師として患者と向き合い続けている

■福岡と名古屋の病院を隔週で行き来しながら手術をおこなう

■その世界では、最も難易度が高いといわれる頭蓋底外科手術のパイオニアであり世界的権威として知られている

嘉本千恵子 略歴・出身

嘉本千恵子(隆正の妻)


経歴(プロフィール)

■嘉本千恵子(かもと・ちえこ)

■山一証券の元社員

■家族情報
http://goo.gl/jls6h9

■血液型

■身長145cm

■無口な性格で係数管理が得意

■生年月日:

■年齢

■出生地:泉州の漬物屋の5人きょうだいの長女として生まれる 

■地元の岸和田市立産業高校卒業

■山一證券に入社

■阿倍野支店で勤務

■同じ支店の4歳上の先輩、嘉本隆正(後に常務)と出会い結婚する

■結婚と同時に退社する

■2人の男子を産む

■簿記や算盤(そろばん)に強く、計数管理には特異な才能があった

■結婚後もその才能を発揮した。パート先の土木事務所では、数円単位の経理ミスまで発見している。夫が役員に昇進したあとも、ミニバイクで土木事務所や焼肉屋、コンビニに通いパートを続けた

郡司由紀子 略歴・出身

郡司由紀子(山一證券)


経歴(プロフィール)

■郡司由紀子(ぐんじ・ゆきこ)

■山一證券に勤務

■調査委員会を手伝う嘉本隆正(常務)の秘書

■向こう意気が強く、再就職先で検査役として働く

■家族情報:父親は警察官。双子の妹がいる。

■実家:千葉県の実家から山一証券に通った。両親や双子の妹と仲が良かった

■血液型

■身長158cm

■酒豪であり、男性社会の証券会社で好かれた

■生年月日:

■年齢

■出身地: 千葉県出身

■短期大学卒業

■幼稚園教諭となるが張り切りすぎて体をこわす

■体調が戻った時に、新聞の広告欄で山一證券が事務職を募集しているのを見つける

■1971年に山一證券に中途入社する

■入社以来、約2万株の自社株を貯めていたが、1997年に会社が破綻したため紙くずになってしまった

嘉本隆正 略歴・出身

嘉本隆正(山一證券)


経歴(プロフィール)

■嘉本隆正(かもと・たかまさ)

■山一證券 常務

■「場末」の山一證券業務管理本部に赴任した硬骨の常務。社内調査委員会を組織し、破綻原因を究明した。「組長」と呼ばれた

■家族情報
http://goo.gl/jls6h9

■嘉本隆正語録
http://goo.gl/sVHYHZ

■自宅:千葉県に在住

■趣味:読書

■血液型

■身長

■生年月日:

■54歳(1997年11月当時)

■出生地:島根県の隠岐の島町で生まれる

■出身地:島根県出身

■島根県立隠岐高校卒業

■山一證券大阪店に入社

■阿倍野、富山、函館、池袋、宮崎、新宿、姫路と各地を転々とし36年の会社人生のうち、30年を支店で過ごす

■取締役近畿・大阪本部長から常務に昇進

■1997年3月18日 業務管理本部長に就任 

■社内調査委員会を組織し、破綻原因を究明する

■山一證券株式会社は、かつて存在した日本の証券会社である

■野村證券、大和證券、日興證券とともに日本の「四大証券会社」の一角にあったが、不正会計(損失隠し)事件後の経営破綻によって1997年(平成9年)に廃業した

冷泉彰彦 略歴・出身

冷泉彰彦(作家)


経歴(プロフィール)

■冷泉彰彦(れいぜい・あきひこ)

■作家、翻訳家

■米プリンストン日本語学校高等部主任

■家族情報
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-2019.html

■本名は前田文夫

■自宅:米国に在住

■血液型

■身長

■生年月日:1959年6月22日

■出身地:東京都生まれ

■東京大学に進学し、文学部にてドイツ文学を学ぶ

■大学卒業後、福武書店勤務

■1993年に渡米

■ベルリッツ・インターナショナルに移り、企業経営に関する業務を担当

■その後、コロンビア大学大学院にて修士課程を修了し、ラトガース大学にて講師を務める

■プリンストン日本語学校の高等部にて主任を務める

■著書
『民主党のアメリカ共和党のアメリカ』
『アメリカは本当に「貧困大国」なのか?』
『9・11――あの日からアメリカ人の心はどう変わったか』
など多数

原田浩 略歴・出身

原田浩(広島平和記念資料館)


経歴(プロフィール)

■原田浩(はらだ・ひろし)

■第9代広島平和記念資料館館長

■広島市文化財団元理事長

■家族情報

■血液型

■身長

■生年月日:1939年7月25日

■出身地:広島市生まれ

■6歳の時、広島駅で被爆。大学時代を除き広島在住

■1963年 大学卒業後、広島市職員になる

■1993年 第9代広島平和記念資料館館長に就任

■その後、国際・平和担当理事(資料館館長兼務)、広島市文化財団理事長、現代美術館館長などを歴任

■広島平和記念資料館(ひろしまへいわきねんしりょうかん)は、広島県広島市中区に所在する博物館(平和博物館)である

■中島町の広島平和記念公園敷地内に所在し、広島原爆の惨状を後世に伝えるための施設として当初は「広島平和会館原爆記念陳列館」の名称で開館した

■運営は広島市出資の財団法人広島平和文化センターが行っている

高橋博子 略歴・出身

高橋博子(広島平和研究所)


経歴(プロフィール)

■高橋博子(たかはし・ひろこ)

■日本の研究員

■広島市立大学広島平和研究所研究員

■専門分野:アメリカ史

■家族情報

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢

■出身地:

■1991年3月 同志社大学文学部卒業(文学士)専攻は文化史学

■1993年3月 同志社大学文学研究科博士前期課程修了(文学修士)

■1995~1997年 米国メリーランド大学留学

■2002年 富山大学講師(非常勤)

■2002年4~10月 早稲田大学現代政治経済研究所特別研究員(非常勤)

■2002年11~2008年6月 広島市立大学広島平和研究所助教

■2003年9月 同志社大学にて博士号(文化史学)取得

■2008年7月 広島市立大学広島平和研究所講師

■広島市立大学(ひろしましりつだいがく)は、広島県広島市安佐南区大塚東3丁目4番1号に本部を置く日本の公立大学である

■1998年(平成10年)4月 大学院博士前期課程、広島平和研究所を設置

川崎哲 略歴・出身

川崎哲(ピースボート共同代表)


経歴(プロフィール)

■川崎哲(かわさき・あきら)

■ピースボート共同代表

■核兵器廃絶国際キャンペーン国際運営委員

■家族情報

■血液型

■身長

■生年月日:1968年生まれ

■出身地:東京都生まれ

■1993年 東京大学法学部卒業

■障害者介助の傍ら、市民グループで平和活動や外国人労働者・ホームレスの人権活動に従事

■1998年 NPO法人「ピースデポ」スタッフ

■事務局長に就任

■2002年~2003年、イラク戦争を止めるためのメールマガジン「週刊イラQ」発行

■2003年、ピースボートのスタッフとなる

■ピースボート共同代表に就任

■著書
『核拡散 軍縮の風は起こせるか』岩波新書(2003年)
『核兵器を禁止する』岩波ブックレット(2014年)

■ピースボートとは、国際交流を目的として設立された日本の非政府組織(NGO)、もしくは、その団体が主催している船舶旅行の名称である

■設立当初はアジアをめぐるクルーズの運営を主体としていたが、1990年以降は世界各地をめぐる「地球一周の船旅」を繰り返し行っている

■後に政治家となった辻元清美ら早稲田大学の学生数名が1983年(昭和58年)に設立した

岡宮智史 略歴・出身

岡宮智史(群馬大学)


経歴(プロフィール)

■岡宮智史(おかみや・ともふみ)

■日本の医師

■国立大学の医師

■群馬大学の医師

■専門分野:耳鼻咽喉科学

■性別:男性

■家族情報
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-2011.html

■自宅:群馬県前橋市のマンション

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢41歳(2015年7月24日現在)

■出身地:群馬県出身

■地元の進学高校卒業

■東大か群馬大学に行くか迷ったが、地元愛から群馬大学に進学

■群馬大学卒業

■2008年度に群馬大学 医学部の医員

■2009年度~2010年度、群馬大学 医学部の助教

■学生時代はあまり目立たないが、真面目でいいやつであった

■一聞いたら10教えてくれるような親切な人

中原広 略歴・出身

中原広(国税庁長官)


経歴(プロフィール)

■中原広

■日本の官僚

■国税庁長官

■大蔵省出身

■家族情報

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢56歳(2015年7月23日現在)

■出身地:東京都出身

■昭和56年に当時の大蔵省(現財務省)に入省

■金融庁の金融危機対応室長や主計局次長などを歴任

■理財局長

■2015年7月7日国税庁長官に就任

■国税庁(こくぜいちょう)は、内国税の適正かつ公平な賦課及び徴収の実現、酒類業の健全な発達及び税理士業務の適正な運営の確保を図ることを任務とする

■財務省の外局である

■本庁舎は東京都千代田区霞が関3丁目1番1号に所在する財務省庁舎の5階である

藤井隆太 略歴・出身

藤井隆太(龍角散)


経歴(プロフィール)

■藤井隆太(ふじい・りゅうた)

■日本の経営者

■株式会社龍角散 社長

■創業家8代目

■家族情報
http://goo.gl/4UMn5K

■血液型

■身長

■生年月日:1959年生まれ

■出身地:東京都出身

■桐朋学園卒業

■桐朋学園大学音楽学部卒業後、パリに留学

■フルート奏者として腕を磨くという異色の経歴を持つ

■1984年 小林製薬に入社

■営業、マーケティングを経験後、三菱化成工業(現・三菱化学)へ

■1994年に龍角散に入社

■1995年に経営を継承し、『おくすり飲めたね』のヒット、基幹商品である『龍角散』の海外進出成功などで累積赤字を一掃する

■株式会社龍角散(りゅうかくさん)
創業:明治4年
設立:昭和3年7月9日
資本金:6000万円

■本社所在地:東京都千代田区東神田 2-5-12 龍角散ビル

■龍角散は非常に歴史の古い薬であり、原型は、江戸時代中期に佐竹藩の御典医である藤井玄淵によって創製され、藩薬として重宝されていた

高荷昌次 略歴・出身

高荷昌次(ケアホーム花園)


経歴(プロフィール)

■高荷昌次(たかに・しょうじ)

■障害者施設の責任者

■埼玉県深谷市にある障害者施設「ケアホーム花園」の責任者

■性別:男性

■家族情報

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢67歳(2015年7月23日現在)

■出身地:

■職業:障害者施設の責任者

■埼玉県深谷市にある障害者施設「ケアホーム花園」の責任者

■ケアホーム花園(ケアホームハナゾノ)所在地
・埼玉県深谷市黒田335-2

■利用料
厚生労働大臣が定める基準による

■指定年月日 2010年4月1日

■深谷市(ふかやし)は、埼玉県北部にある市である。第一国立銀行の創立に携わり近代日本経済の基礎を築いた渋沢栄一の生誕地
プロフィール

keireki

Author:keireki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR