大滝潤子 略歴・出身

大滝潤子(看護師)


経歴(プロフィール)

■大滝潤子(おおたき・じゅんこ)

■日本の看護師

■国境なき医師団(MSF)から日本人2人目の看護師としてシエラレオネでエボラ患者の看護にあたった

■生年月日:

■出身:

■家族情報

■血液型:

■高校生の頃に、ボランティアでベトナムの麻薬中毒患者のリハビリ施設建設に携わったことがきっかけで、世界中の病気に苦しむ人を助けたいと思うようになる

■日本の病院で看護師として働き、その後、海外留学して英語も勉強する

■2012年からはMSFに参加して、イラク、ヨルダン、南スーダンへの派遣を経験

■2014年4月から長崎大学の熱帯医学研究所で3カ月間、エボラ出血熱について研修を受け、シエラレオネへの派遣オファーを受ける。7月30日に日本をたち9月10日に帰国した

■大滝潤子(38)は「防護服はサウナのように暑く、体力を奪われた」などと過酷な日々を振り帰り語った
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

keireki

Author:keireki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR