小林快次 略歴

小林快次(恐竜学者)


経歴(プロフィール)

■小林快次(こばやし・よしつぐ)

■日本の恐竜学者

■古脊椎動物学研究者

■北海道大学総合博物館准教授

■世界の恐竜研究の第一線に立ち、数々の研究成果を精力的に発表

■家族情報
http://nihonnokakeizu.net/blog-entry-2151.html

■小林快次語録http://goo.gl/KmsWfw

■血液型

■身長

■生年月日:1971年生まれ

■年齢

■出身地:福井県出身

■中学1年生で化石に出会って以来、毎日のように化石を採集する日々を過ごす

■横浜国立大学に入学するも、1年も経たずに渡米

■ワイオミング州にあるワイオミング大学地質地学物理学科に入学し、飛び級で学士優秀賞を取得

■卒業後はテキサス州に戻り、ダラスにあるサザンメソジスト大学の大学院に進学、日本人で初めて恐竜の博士号を取得

■2004年、恐竜研究のバイブルである「Dinosauria」の一部を、日本人で唯一執筆

■日本はもちろん、モンゴル、アラスカ、中国、カナダ、米国で新たな恐竜化石を発見、発掘しつづける

■『謎の恐竜』と言われたデイノケイルスの全貌を明らかにし、北海道むかわ町穂別で発見され話題となったハドロサウルス類化石の発掘を指揮するなど、世界の恐竜研究の第一線に立ち、数々の研究成果を精力的に発表
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keireki

Author:keireki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR