石飛幸三 略歴・出身

石飛幸三(芦花ホーム)


経歴(プロフィール)

■石飛幸三(いしとび・こうぞう)

■特別養護老人ホーム 芦花ホーム常勤医

■診療の傍ら、講演や執筆などを通して、老衰末期の看取りのあり方についての啓発に尽力している

■著書
『「平穏死」という選択』(幻冬舎ルネッサンス新書)
『「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか』(講談社)
など

■家族

■父親

■妻

■子供

■血液型

■身長

■生年月日:1935年生まれ

■出身地:広島県生まれ

■出身高校

■出身大学:慶應義塾大学医学部卒業

■1970年ドイツのフェルディナント・ザウアーブルッフ記念病院で血管外科医として勤務

■帰国後、1972年東京都済生会中央病院勤務

■1993年 東京都済生会中央病院副院長

■2005年 特別養護老人ホーム 芦花ホーム常勤医
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

誤嚥性肺炎に罹ったときの疼痛緩和法

 先生の御本の愛読者です。教えてください。妻、83歳、レビー・アルツ複合型認知症の末期。妻は、病前から、「誤嚥性肺炎に罹患したときは、薬物治療を受けずに、疼痛緩和ケアを受けながら、短期間に最期を迎えたい」というliving willを表明しています。誤嚥性肺炎に罹患したときに疼痛緩和ケアで安らいだ最期を迎えることができますでしょうか?
プロフィール

keireki

Author:keireki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR