呉清源 略歴・出身

呉清源(囲碁の棋士)


経歴(プロフィール)

■呉清源(ご・せいげん)

■囲碁の棋士

■全盛期には日本囲碁界の第一人者として君臨し、「昭和の棋聖」とも称される

■木谷實とともに「新布石」の創始者としても知られる

■家族情報http://goo.gl/L0tHKl

■血液型:

■生年月日:1914年5月19日

■没:2014年11月30日 享年100

■出身地:中華民国福建省で生まれる

■1921年 父より囲碁の手ほどきを受ける

■1926年 囲碁の天才少年として北京で評判となり、日本人クラブで初めて日本人棋士と対局

■1933年 木谷實と共に速度とバランスを重視した「新布石法」を考案して発表

■1949年 日本棋院より名誉客員の称号を受ける  

■1958年 第1期日本最強決定戦優勝

■1961年 第3期日本最強決定戦優勝。8月、交通事故に遭い、2か月入院する

■1936年 日本国籍を得、呉泉と改名する

■1967年 大倉賞受賞

■1983年 引退

■1987年 勲三等旭日中綬章を受章

■2014年11月30日に死去 享年100
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keireki

Author:keireki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR