FC2ブログ

谷崎勝教 略歴・出身

谷崎勝教(日本総合研究所)


経歴(プロフィール)

■谷崎勝教(たにざき・かつのり)

■日本の経営者

■株式会社日本総合研究所社長

■家族情報

■血液型

■身長

■生年月日:

■年齢61歳(2019年3月25日現在)

■出身地:東京都出身

■出身高校

■出身大学:1982年(昭57年)東大法卒

■住友銀行(現三井住友銀行)入行

■2015年取締役専務執行役員

■2019年6月28日、日本総合研究所の社長に就任

■渕崎正弘前社長は会長に

■株式会社日本総合研究所(にほんそうごうけんきゅうしょ)は、東京都品川区に本社を置く、三井住友フィナンシャルグループのシステムインテグレーター(ユーザー系)である

■シンクタンク部門やコンサルティング部門も持つ

■略称は日本総研
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

若者・次世代の為の年金改革

西沢 和彦 さんが、年金について、専門であると聞きました。
このままでは、若者にそして、次世代に希望がありません。
思い切った改革は、年金問題の枠を超えて、相続、贈与問題に踏み込まなくては
解決できません。私は、究極の理想を描いてみましたので、専門家の方に
齟齬をなくし、次世代の本当に100年見通せるものに仕上げていただきたいと
思い、投稿いたしました。
是非、日本総研で取り上げてください。よろしくお願いいたします。

若者・次世代の為の年金改革 ー究極ー

1.年金を一本化して国民年金だけとし、
  一律月20万とする。
2.決済は単年度とし。税金とする。
3.年金税の創設 
  30才から65才まで月1万~2万とする。
4.年金支給に所得制限をつける。
  (例えば、所得が500万以上は年金をなしとして、
 100万下がるごとに5万、10万、、20万の支給とする)
5.相続税.贈与税をほぼ一本化して65才を一番安くして、 
年を取るごとに上がっていくようにする。子供や孫ある 
いは、ボランティアへの寄付にも税として認め、お金が
若い人に回るようにしてゆく。個人の預貯金等1600兆
国の借金1100兆が是正され、プライマリーバランスが
すぐに良くなっていく。
6.移行期間は10年とし、現在20万以上公的に受け取っ
  ている人は、積立金の元金のみを中心として精査する。
7.厚生年金は廃止して、企業にそれに見合う税を掛ける。
創設した国民年金20万(最低に暮らして行ける額)より 
多く考えたい人は民間の年金にかけることとする。
年金改革のメリット

1.最大のメリットは、日本で30年間以上生活し、
日本国籍のある人。あるいは、外国人であっても、 
日本で30年間以上働いた人は、65才からは、 
安心して暮らして行ける。(最低限の生活保障)
2.若者が今から年金の心配をしなくてよい。また、
30才からの税なので20代に大いに活躍できる。
3.企業(特に中小企業)は、厚生年金の支払いがな 
くなり多くの人を正社員にすることができる。
4.企業にとって大幅減税となる。また、煩雑な処理
がなくなる。所得税・法人税の見直しもする。
5.単年度決済なので、毎年の予測ができる。  
6.GPIF 年金積立金管理運用独立行政法人の運用(約 160兆)
も必要なくなり、予算が明確になる。また、国民にも
わかりやすい。
7.積み立て方式でないため、格差がうまれない。
8.安定した年金が受け取れるため、日本国籍をとり
たい外国人の増加や,長く日本で本当に働きたい
外国人が増えて、良い意味での外国人移住が促進
化される。                          2021.1
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

keireki

Author:keireki
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR