橋村芳和 略歴・出身

橋村芳和(第80代京都市会議長)


経歴(プロフィール)

■橋村芳和(はしむら・よしかず)

■第80代京都市会議長

■自民党所属の京都市会議員

■生年月日:昭和36年12月18日

■家族は妻と息子

■出身地:京都

■醍醐小学校、醍醐中学校、東稜高校 卒業

■昭和60年 龍谷大学法学部 卒業

■平成元年 衆議院議員谷垣禎一秘書

■平成3年 京都市会議員 初当選

■平成13年 党府連・青年局長

■平成18年 京都市会・普通予算・決算特別委員会委員長

■平成23年 党府連幹事長

■平成25年 第80代京都市会議長

■政治への思い
政治への信頼回復の近道は、対話にあります。一人でも多くの方と対話し、一つでも多くの声を市制に反映してゆきたいと考えています。生まれてよかった。住んでてよかった。私たちの街…伏見。歴史や文化の薫りにふれながら高齢者から子供までこれからもずっと心ふれあう街を目指します
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

5年間ですまない

京都市醍醐東市営住宅は一般募集でしか入居できないにも関わらず 京都市上下水道局の正職員が竣工時から入居し退職金をもらい再雇用で3年勤務して現在は年金生活(勿論収入基準を大きくオーバー)その上入居時から市営住宅のカークラブ(公社が駐車場料金を住人に集金させ約4割をキックバック)のお金を住人数人と山分けする行為を約18年間それに関わる住人は生活保護受給者と障害者福祉受給者自治会もカークラブも同様。この中で時折派閥争いがあり次元の低い抗争を繰り返している。そのうちの一人はボートレース狂い。カークラブのお金だけでは飽きたらず京都市が各自治会に対して毎年給付している助成金まで十数年にわたってふところに入れていた。公社職員はある組織からの故採用と派遣職員係長以上は本庁からだが2、3年で異動。誰も責任を取らない。生活保護受給し続けながら自動車を一人一台所有。ペット禁止の市営住宅で中型犬を3匹飼育する者もいる。殆どの住人が生活保護受給者にも関わらずペットを飼育。犬の予防接種も“無料”これらは全て税金だ。中でも特筆は生活保護受給し続けベンツ2台所有し一昨年山科区大宅にも家を建て引越して出て行った女は家財道具の処分も公費で出させていた。その女は醍醐消防署の消防士と事実婚状態にある。これらを福祉や公的扶助とは呼ばないはずにも関わらず関係機関は黙認し続けている。
プロフィール

keireki

Author:keireki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR