中村文則 略歴・出身

中村文則(小説家)


経歴(プロフィール)

■中村文則(なかむら・ふみのり)

■日本の小説家

■漫画家の久世番子とは高校の同級生であり親交がある

■家族情報

■血液型:

■身長

■生年月日:1977年9月2日

■出身地:愛知県東海市出身

■愛知県立東海南高等学校卒業

■2000年 福島大学行政社会学部応用社会学科卒業

■作家になるまでフリーターを続ける

■2002年 『銃』で第34 回新潮新人賞を受賞してデビュー。芥川賞候補となる  

■2004年 『遮光』で第26 回野間文芸新人賞を受賞

■2005年 『土の中の子供』で第133 回芥川賞を受賞


■2010年『掏摸<スリ>』で第4回大江健三郎賞を受賞

■2014年 ノワール小説への貢献で、アメリカでデイビッド・グーディス賞を受賞

■ドストエフスキーやカミュ、カフカなどから影響を受けており、普遍的な主題に特徴がある

■著書
『迷宮』
『王国』
『最後の命』
『世界の果て』
『悪意の手記』
『土の中の子供』
『悪と仮面のルール』
『何もかも憂鬱な夜に』
など
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keireki

Author:keireki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR