山髙篤行 略歴・出身

山髙篤行(小児外科医)


経歴(プロフィール)

■山髙篤行(やまたか・あつゆき)

■日本の医師

■小児外科医

■小さな命を救う『最後の砦』と呼ばれる医師

■順天堂大学医学部小児外科主任教授

■専攻領域は小児鏡視下手術(腹腔鏡・胸腔鏡)、新生児外科、先天性胆道拡張症、小児泌尿・生殖器外科など

■家族情報http://goo.gl/hmPZyP

■山髙篤行語録http://goo.gl/rzGllb

■血液型:

■身長

■生年月日:

■年齢56歳(2015年3月16日現在)

■出身地:神奈川県出身

■1985年 順天堂大学医学部卒

■大学時代はラグビーに没頭する

■1985年 順天堂大学医学部附属順天堂医院外科研修医

■1987年 順天堂大学医学部附属順天堂医院小児外科入局

■1994年 獨協医科大学医学部附属病院小児外科助手

■1999年 順天堂大学医学部小児外科助教授

■2006年 順天堂大学医学部小児外科主任教授

■ほかの病院で「治療ができない」と言われた患者を含め、数々の難手術などでこれまで1万人以上を救ってきた

■海外の教科書にも載るような新たな治療法を確立し、身体への負担が少ない内視鏡手術でも日本初の成功例を次々生み出している
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keireki

Author:keireki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR