FC2ブログ

忽那賢志 略歴・出身

忽那賢志(医師)


経歴(プロフィール)

■忽那賢志(くつな・さとし)

■日本の医師

■国立国際医療研究センター国際感染症センターの医師

■専門:感染症を専門とする

■海外渡航者が持ち込む『輸入感染症』対策の担い手として注目されている

■家族情報http://goo.gl/Ac9H3y

■趣味はお寺巡り

■愛称は「仏の忽那」

■血液型:

■身長

■生年月日:1978年12月7日

■出身地:福岡県北九州市出身

■山口大学医学部卒業

■大学卒業後、救急医療などの現場で経験を積み、その後、感染症を専門とするようになる

■2006年4月~2008年9月 山口大学医学部附属病院 高度救命救急センター

■2008年10月~2010年3月 奈良県立医科大学附属病院 感染症センター

■2010年4月~2012年3月 市立奈良病院 感染制御内科 医長

■2012年より国立国際医療研究センター国際感染症センターに勤務

■デング熱70例、エボラ出血熱擬似症4例のほか、忽那が診断した珍しい症例として、回帰熱や2013年に国内初となるデング熱に似た熱帯感染症・ジカ熱がある

■国立国際医療研究センター国際感染症センターについて
「古来、人間は感染症に健康や生命を脅かされてきました。感染症治療薬の効きにくい病原体の広がりや、新しい感染症の脅威に立ち向かうため、当センターでは高度な専門知識を備えた医療者の育成、地域やグローバル社会で感染症対策のリーダーとなる人材を育成しています」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keireki

Author:keireki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR